協会のリビング・ウイル受容協力医師であった関本剛医師の「別れのあいさつ」

自ら末期がん患者でありながら最後まで患者に寄り添い、自らが決め、信じた道を堂々と進んでいった関本医師。
苦悩と信念の先にある景色を見せ、誠実に事実に向き合うこととその準備をすることの尊さを教えられたと感じられます。

より、紹介させて頂きました。